ホーム>製品紹介>外付補強金具 イーズガード

外付補強金具 イーズガード

外付補強金具 イーズガード(外付ホールダウン)

イーズガードアイテム

基礎・土台・柱を一体化!外付ホールダウンの決定版!
サポートします 「地震に強い家」づくり

建物の基礎・土台・柱を一体化する外付補強金具「イーズガード」。こちらではその特徴・仕様についてご紹介します。

外付補強金具 イーズガードとは?(外付ホールダウン)

イーズガードはその引張耐力の高さから、多くの販売店様に採用いただいている外付補強金具です。オールステンレスで錆びない、スマートなフォルムで建物の美観を損なわないなど様々なメリットを兼ね備えています。
以下でイーズカードの特徴についてご覧ください。

 
イーズガード
  • 通柱・間柱のどちらでもご利用いただけます。
  • オールステンレス仕様のため錆びずに、鉄の1.5倍の強度を保持します。
  • 阪神淡路大震災クラスの地震による引抜応力にも耐えうる、6.8tの引張耐力が測定されています。
  • スマートなフォルムなため、建物本来の美感を損なうことなく取り付けが可能です。
  • 取付穴には防蟻・防水処理を施します。
  • 布基礎のコーナーのうち左右どちらでも使えます。
  • 連結ゴムには耐熱・耐候性に優れたEPDM(※)を採用しています。
  ※EPDM=エチレン・プロピレン・ジエン・モノマー

阪神淡路大震災クラスの地震に耐えうる引張耐力!

測定1

測定2
※測定:日本品質保証機構
試験センター

イーズガードは、阪神淡路大震災クラスの地震による引抜応力にも十分耐えうる引張耐力を誇ります。

「日本品質保証機構試験センター」にて製品に直接、引張強度をかけて検体が破断するまでの引張耐力を測定。地震の際、実際に住宅にかかる応力よりも厳しい 条件下で実験を行ったにもかかわらず、「阪神淡路大震災クラスの地震にも耐えうる」6.8tの引張耐力を測定しました。

以上のことからも、イーズガードの優れた性能と高い安全性をご理解いただけるはずです。

取り付け・施工例

イーズガードの取り付け方を、施工例をもとにご紹介します。
工事の際は必ず、以下のマニュアルに沿って施工を行ってください。

①下穴の加工・基礎パネルの取り付け
補強家具の取り付け位置を決め、マーキングをし、基礎パネルを取り付けます。
下穴の加工・基礎パネルの取り付け1下穴の加工・基礎パネルの取り付け2
②上部金具の取り付け
上部金具用の下穴を開け、防蟻・防水処理を施した後、上部金具を取り付けます。
上部金具の取り付け1上部金具の取り付け2
③下部金具の取り付け
基礎パネルに下部金具を取り付けます。
下部金具の取り付け1下部金具の取り付け2
④上部金具と下部金具の連結
上部金具と下部金具を連結し、外カバーを取り付けて施工完了です。
上部金具と下部金具の連結1     上部金具と下部金具の連結2

 

製品一覧