ホーム>製品紹介>布基礎補強材 SRC工法

布基礎補強材 SRC工法

布基礎補強材 SRC工法

布基礎補強材 SRC工法 アイテム

強度はコンクリート基礎の約2倍
必要個所の施工のみでも効果を発揮!

「新和」では住宅用布基礎を補強する「SRC工法」に必要な各種商品を取り扱っています。以下で商品構成や、SRC工法におけるメリットなどをご紹介します。

布基礎補強材 SRC工法とは?

SRC工法とは、一般のコンクリート基礎の約2倍の強度を実現する布基礎補強材のことです。
コンクリート構造への最先端補強技術ともいえる「炭素繊維シート」や「炭素繊維積層板」を用いて、住宅用布基礎を補強します。
布基礎補強材 SRC工法
  • 一般のコンクリート基礎の約2倍の強度を発揮します。
  • コンクリート構造への最先端技術を駆使し、補強します。

 「布基礎補強材SRC工法」による曲げ強度試験結果

供試体名 最大荷重 曲げ強度 補強率
KN
Kg
N/mm2
Kg/cm2
コンクリート/補強なし
14.8
1,510
4.54
46.3
-
TL-510補強 片面補強
31.5
3,210
9.46
96.50
208
両面補強
62.0
6,330
18.6
190.1
411
カーボンクロス補強 片面補強
27.9
2,850
8.38
85.5
185
両面補強
48.6
4,960
14.6
148.6
321

 

製品一覧